サッカーコラム J3 Plus+

サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

ガンバ大阪→ 宮本監督になって3年目のG大阪は16節を終えた時点では7勝6敗2分けで勝ち点「23」。8位だった。2位のC大阪との差は「13」と大きく広がっていたが17節から破竹 Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)

ガイナーレ鳥取2013年以来のJ2復帰を目指す鳥取は3節から4連勝を達成するなど開幕から10試合を終えた時点で7勝2敗1分け。好スタートを切った。秋田や熊本とともに昇格争い Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

ブラウブリッツ秋田→ J3は22節が終了したが無敗を続ける秋田は22試合で16勝0敗6分け。勝ち点「54」を獲得している。1試合平均の勝ち点は脅威の「2.45」になる。ちなみにJ1 Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (柏レイソル編)

柏レイソル→ 「1年でのJ1復帰」を果たした柏の前評判は非常に高かった。「2011年のように初年度から優勝争いに絡むのではないか?」という声は多かったが23節を終えた時点 Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)

清水エスパルス→ 「ポステコグルー監督の右腕」と言われたクラモフスキー監督を招聘して新しいスタートを切った。アグレッシブなサッカーを取り入れて台風の目になる可能 Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【Jリーグ】 やや理解に苦しむGK高丘陽平(サガン鳥栖→横浜Fマリノス)の移籍

■ 正キーパーがシーズン途中に他クラブに移籍J1は23節が終了した。残りは11節になったがACLに出場するクラブはたくさんの試合を消化しており、横浜FMと神戸は27試合、FC東 Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

名古屋グランパス→ 賛否両論ある中でフィッカデンティ監督の続投を決めた名古屋だったが23節を終えた時点で13勝8敗3分けで勝ち点「42」。5位に位置する。新型コロナならび Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

栃木SC→ 2019年は20位。「J3に降格する可能性が高い。」と言える状況になった時もあったが何とか踏みとどまった。「奇跡の逆転残留」を果たしたが今シーズンの開幕前の栃 Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

ザスパクサツ群馬→ 2019年のJ2で2位になって「2017年以来のJ2復帰」を果たした群馬はオフの移籍市場で積極的な動きを見せた。大卒1年目ながら主力として活躍したGK吉田舜( Source: サッカーコラム J3 Plus+
サッカーコラム J3 Plus+

【移籍市場】 2020年-2021年オフの補強ポイントについて考える。 (川崎フロンターレ編)

川崎フロンターレ→ J1は23節を終了したが首位を独走する川崎Fは21勝1敗2分けで勝ち点「65」。圧倒的な強さを見せている。2位のC大阪との差は「17」と大きく広がっており、 Source: サッカーコラム J3 Plus+
タイトルとURLをコピーしました