「U23日本代表×カタール」の試合を英国人ライターさん、ぶっちゃけるwww「八百長かな!」

スポンサーリンク
1: 2020/01/16(木) 21:39:20.86 ID:8t9779r19
サッカー01

英国人が見たU-23カタール戦。「あ・り・え・な・い。絶対ファウルじゃない。100%レッドじゃない」

 U-23日本代表は15日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)グループステージ第3節でU-23カタール代表と対戦し、1-1のドローとなった。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

●「プライドを懸けて戦わないといけない」

――本日もよろしくお願いします! 日本代表は2連敗でグループステージ敗退が決まりました。消化試合となりましたが、どこに注目されますか?
「敗退が決まりましたが、五輪開催国としてプライドを懸けて戦わないといけない。橋岡大樹が3バックに入りそうですが、どうなるか見てみたいです」

――対戦するカタールの監督はフェリックス・サンチェスです。アジアカップ決勝でA代表が敗れたときの監督です。キャプテンマークを巻くDFタレク・サルマンはその試合にも出ていました。同じ相手に2回もやられたくはないですね。
「カタールも2年後のワールドカップに向けて、この世代の選手もかなり期待されていると思うので、今日の試合も簡単にはいかないと思います」

――試合が始まりました。予想通り、橋岡が3バックの右に入りました。
「立ち上がりは両チームともあまりプレッシャーをかけませんね。カタールは勝たないといけないはずですが、そつのないスタートです」

●「100%レッドカードじゃない」

――前の試合に続いて、今日も相馬勇紀のプレーが光りますね。
「相馬は常にアグレッシブです。今シーズンは(マッシモ・)フィッカデンティ率いる名古屋グランパスでどのようなプレーをするか注目しています。本当にいい選手だと思います」

――カタールはどうですか?
「カウンターが少し危険ですが、日本代表は何も失うものがないので、怖がらずにいってほしい」

――相馬のパスから田中駿汰がシュートを打ちましたが、枠外に外れました。
「今のは決めないといけない」

――前半アディショナルタイムに入りました。VARのチェックが入り、オンフィールドレビューが行われます。
「どのプレーかな? 田中碧?」

――田中碧のプレーにレッドカードが出されました。
「あ・り・え・な・い。絶対ファールじゃない。100%レッドカードじゃない」

――予想外の試合展開になりました。前半を振り返ってどうでしたか?
「悪くはなかったですが、特によかったわけでもないですね。何回もさっきのシーンを見直しましたが、絶対にレッドじゃない。審判が何を考えたのか理解できない」

●「PKじゃないですね。八百長かな」

――1人少ない日本代表は旗手怜央を下げて齊藤未月を起用しました。フォーメーションを4-4-1に変えています。
「齊藤はシリア戦でもよかったです。攻撃のリズムを作ってほしい」

――後半はどうでしょうか。
「1人少ないので仕方ないけど、攻撃は機能していないかな。守備は安定していますね。『引き分けで十分』という姿勢が少し見えます」

スポンサーリンク

――連戦ということもあって、カタールも疲れていますね。
「前線の選手も守備に集中しているので、精神的にも体力的にも疲れていますね」

――73分に左サイドから敵陣を崩し、中央でボールを受けた小川航基のシュートが決まりました。
「ラッキーな部分もありました。今日も言います! シュートを打つと何が起きるかわからない!」

――しかし、その直後にカタールにPKが与えられました。齊藤未月がPA内で相手を倒したようです。
「チェックしないといけないんじゃない? (リプレー映像を見ても)PKじゃないですね。八百長かな……」

――オンフィールドレビューも行われませんね。PKが決まって同点になりました。
「カタールで最も効果的なのは審判ですね(笑)。本当に信じられないね。カタールは12人だった」

(フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース 2020/1/16(木) 1:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00010000-footballc-socc
https://www.footballchannel.jp/2020/01/16/post358062/

●「課題と収穫は…」

――試合は1-1で終わりました。
「勝ちたかった試合でしたが、日本代表はファイトしていました」

――目立った選手はいましたか?
「相馬と田中駿汰かな。3試合通じて高いクオリティを見せましたね」

――3試合通じてどんな課題や収穫がありましたか?
「課題は守備の堅さです。五輪でメダルを取るためには、よりオーガナイズさせていかないと。敗退しましたが、1人少ない中で最後まで戦い抜いたのは収穫だと思う」

――これから、選手たちはJリーグでアピールすることになります。
「そうですね。あと1ヶ月で始まりますね」

――今日もありがとうございました。
「こちらこそ、ありがとうございました。グループステージを突破できなくて残念です。東京五輪前にもっと公式戦をやってほしかった」

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。 

85: 2020/01/16(木) 22:37:33.54 ID:ex5w+TSq0
>>1
言っちゃったね

3: 2020/01/16(木) 21:40:40.65 ID:rGhJ9XGZ0
オイルマネー

11: 2020/01/16(木) 21:42:48.64 ID:YykpFiX50
カタールに落ちる


続きを読む

Source: SSAMURAI Footballers

スポンサーリンク