【フランスの反応】「日本に気を付けろ」東京五輪で戦う日本代表をフランス人が警戒!

NO FOOTY NO LIFE

東京オリンピックで日本と同グループに入ったフランスでは、各種サイトが一斉に事実報道だけを打ったものの、一般のテレビニュースでは紹介もされず。全国紙『L’EQUIPE』22日付も「Expresso」という短信欄で小さく報道したのみ。全体としては、五輪はまだまだ遠い感覚だ。

 ただ、当事者であるシルヴァン・リポル監督のコメントは、現地メディアの配信をもとにそれぞれの味つけで伝えている。

 このうち保守系全国紙『LE FIGARO』のサイトである『Le Figaro.fr』は、「最初の印象は、厳しいグループに入ったが恐ろしく興味深い、という感覚だ」というリポル監督の一節を中見出しに掲げて強調。そのうえで同サイトは、コメントを全面的に紹介している。

 それによると、リポル監督は「メキシコは非常に巨大な障壁だ。オリンピック常連国であり、2012年にはネイマールとチアゴ・シウバを擁するブラジルにも勝利した。彼らには“グリンタ”があり、天然の才能も備わっている」と強調した。

 次いで日本に言及し、「日本人選手たちは自国で戦える。信じがたい進歩を遂げた選手たちがいる」とコメント。また南アフリカについては、「アフリカ諸国というのは、この大会のいざという試合でしばしば存在感を示し、皆に問題をつきつけるものだ」と分析した。

スポンサーリンク


 同サイトはまた、フランスが東京、埼玉、神奈川(横浜)という首都圏内で3試合をこなせる日程を紹介し、移動に疲弊しないという「小さな利点を得た」と指摘。リポル監督も、「東京を拠点にできることで、他のグループに入るより移動が少なくて済む。とくにイベントの中心部にいられるというのは、素晴らしいことだと思う」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c05d33d5b1119cb326617a239613c5bdd9725f3e
photo-france-flag-with-japan-flag.jpg

コメント欄などから海外の反応をまとめました

・やっとフランス対日本が実現する!

・メキシコと日本は難しい相手ではない・・・(フランスが)オリンピック優勝だ

・頑張れ、レ・ブルー(※フランス代表の愛称)。レ・ブルーはメキシコよりも上だと思う。どうなるか見てみよう。

 ・自国で戦える日本に気を付けろ

<ボルドーサポ>
・日本にはとても優れた若手がいるが、他の国はどうなんだ?やはりフランスがこの組の大本命だ

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク


NO FOOTY NO LIFE
NoFootyNoLifeをフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました