【悲報】メッシさん、バルサ首脳陣に「ホルモン注射のチビ」と呼ばれていた….

1: 2023/01/13(金) 12:08:02.21 ID:0QUrE8tc0
バルトメウ率いたバルセロナ前政権のグループチャット流出…メッシを「ホルモン注射のチビ」「いやしいチビ」と呼ぶ|ラ・リーガ
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d7c957d3c88386a220f07ae0427e23035f6eaed

2: 2023/01/13(金) 12:08:17.67 ID:0QUrE8tc0
ジョゼップ・バルトメウ氏が率いたバルセロナ前首脳陣のグループチャットが流出し、大きな騒動となっている。

2020年10月27日にバルトメウ氏が会長職を辞任して解散したバルセロナ前首脳陣。スペイン『エル・ペリオディコ』は、解散後に彼らがワッツアップのグルーチャットで行なったやり取りを公開。そのやり取りは2021年1月31日、スペイン『エル・ムンド』がバルセロナと現パリ・サンジェルマンFWリオネル・メッシが結んでいた巨額の契約(年俸1億3800万ユーロ)を公開したことに端を発していた。

強烈であったのは、バルトメウ氏の政権で法務部門の責任者を務めていたゴメス・ポンティ氏のメッセーだった。同氏は成長ホルモンの分泌不全だったメッシのことを「ホルモン注射のチビ(または小人)」「ホルモン注射のネズミ(スペインではいやしい人や裏切り者という意味もある)」と称しながら、彼を貶めるような言葉を記したのだった。

スポンサーリンク


3: 2023/01/13(金) 12:08:30.38 ID:0QUrE8tc0
「バルト(メウ)、あのいやしいネズミ相手にそんな良い人になる必要はないんだ。クラブはあいつにすべてを与えた。そしてあいつは補強、放出、契約延長、スポンサーなどなどの独裁制を敷いた。私にはもう絶対にできない。だが、あいつとの契約にはピント、ルイス・スアレス、ジョルディ・アルバとの契約延長、ファティとの契約延長のコミッション(父親ロドリゴ・メッシが代理人だろ?)も含まれないといけない」

「それに何よりも、クラブに対する横柄な態度と脅しだ。働いていた私たちが、バルセロナに人生レベルの借りがある、あのホルモン注射のチビに何より苦しめられたのはな……! パンデミックがあったとき、君はあの伝説のメッセージを受け取ったわけだろ。『会長、ほかのヤツらの年俸は下げろ。でも俺とルイスにはノータッチだ』というね。どうか、冷たくあしらわれながらクラブを去ってほしいよ。それが一番つらいことだろうからな」

24: 2023/01/13(金) 12:10:46.44 ID:bUMl0rFn0
>>3
地味にこれヤバくね?
他の選手の年俸について意見するとか一選手が権力持ちすぎやろ
メッシは聖人って言われてたやんけ


続きを読む
Source: SSAMURAI Footballers

スポンサーリンク


SSAMURAI Footballers
pachitownをフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました