外国人「三笘が先発しないなら..」日本代表とドイツ代表のスタメンをドイツ誌が予想!海外のファンの反応は!?【海外の反応】

NO FOOTY NO LIFE

カタール・ワールドカップ(W杯)グループEの第1戦、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)が11月23日、ドイツ代表と対戦する。FIFAランキングは日本24位、ドイツ11位。4度(西ドイツ時代含む)の優勝を誇る大国に、W杯で初めて挑む。国際Aマッチでの対戦成績は1分1敗。

 両チームともに負傷者や体調不良の選手を抱えるなか、さっそく総力戦となってチーム力が試される一戦に。

 日本は、脳震盪から復帰した遠藤航、ハムストリングを傷め別メニュー調整の続いた冨安健洋が間に合いそう。一方、所属先のスポルティングCPで負傷からの復帰戦で再びふくらはぎを傷めたボランチの守田英正は、出場できるか微妙な状況だ。

 発熱で合流の遅れた三笘薫もまだ本調子ではないが、ドイツ戦には問題ないという。

 他にも浅野拓磨、田中碧、板倉滉(いずれもヒザ内側側副靭帯損傷)、久保建英(左肩脱臼)、谷口彰悟(鼻骨骨折)が負傷から復帰して間もない。

 今回は「守田不在」を想定したスタメン予想をしたい。

 ボランチの控えは田中と柴崎岳で、いずれもカナダ戦で先発している。他に、鎌田、板倉、谷口がオプションで対応可能だ。

 パワーとインテンシティの高さが武器のドイツ相手に、9月のエクアドル戦や先のカナダ戦で強度不足を露呈した田中と柴崎を先発させるのは不安を拭えない。柴崎はカナダ戦で相馬勇紀のゴールをアシストしているが、とはいえW杯直前の親善試合のため、両者ともプレッシャーをそこまでかけていなかった状況だったことも忘れてはならない。

 そのカナダ戦で上々のパフォーマンスを見せた板倉のボランチ抜擢も十分あり得る。しかし、ここで柴崎あるいは田中を起用しなければ、なぜ招集したのか――と言える。いきなり緊急事態を迎えたことを考えれば、森保一監督は柴崎に賭けるのではないだろうか。

スポンサーリンク


 左サイドバックはドイツの高さを考えると伊藤洋輝が有力。一方、左MFは、カナダ戦で先発した久保がリードしているが、危険な位置でのボールロストも目立ち、バランスを考慮すると相馬勇紀の抜擢もありそう。もちろん三笘スタメンという大胆な一手も面白い。守田の出場可否が、左MFの人選にも影響するかもしれない。

 久保建英の守備負担を減らすためFWに起用し、中盤ダイヤモンド型の4-4-2(4-3-1-2)にしてスタートする奇襲もあり得るか。いずれにせよ、守田がいなければ、それだけで大きな戦力ダウンになってしまうのは否めない。

 センターフォワードは韋駄天ストライカーの前田大然が本命視される。あるいはコンディションの良い上田綺世もわずかだがチャンスはありそう。

 そしてゴールキーパーは、森保一監督も迷っているに違いない。J2降格の決まった清水エスパルスの権田修一は、決して“好調”とは言えず、カナダ戦ではハイボールへの対応に苦労していた。エクアドル戦でのPKストップから勢いに乗るシュミット・ダニエルが一歩リードしている。

【日本代表スタメン予想】W杯ドイツ戦、守田不在の場合は柴崎有力、板倉抜擢も。冨安、三笘は間に合いそう | サカノワ
田中も候補。強度不足の不安は否めないが、なぜ招集したのか――を考えると。 ドイツ代表 – 日本代表/2022年11月23日16:00(日本時間22:...

※独キッカー誌によるスタメン予想拡大画像
Germany vs Japan Predicted lineups kicker world cup small

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<カナダ/リヨンサポ>
◆久保ではなく三笘が確実に先発するだろう

 <シャルケサポ>
 ・板倉はどうなの?怪我をする前の彼はブリリアントな状態だったが

   <カナダ/リヨンサポ>
   ◆先発する可能性が高いが100%ではないね

 <フランクフルトサポ>
 ・堂安も先発すべきだと思わない?

   <カナダ/リヨンサポ>
   ◆いや、伊東純也が上だわ

<バイエルンサポ>
・堂安は先発するよ、彼は絶好調だからね。でもなぜギュンドアンとハフェルツが先発になってるんだ?まじで頼むわ

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク


NO FOOTY NO LIFE
NoFootyNoLifeをフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました