【海外の反応】「アメリカに帰れ」チェルシーの米国人オーナー、プレミアオールスター開催を提案!海外のファンが猛反発!

NO FOOTY NO LIFE

イングランド・プレミアリーグチェルシー(Chelsea)の新オーナーとなったトッド・ボーリー(Todd Boehly)氏が、北部クラブと南部クラブによるプレミアリーグオールスターという、米国式のアイデアを売り込んだ。

 米大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)や、米プロバスケットボール(NBA)のロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)の株式も保有するボーリー氏は、ニューヨークで行われた会議の場で、すでにこのアイデアをプレミア側に提案していると明かした。

 MLBとNBAでは、最高の選手たちが集うオールスターを開催している。ボーリー氏は、オールスターの収益をうまく使えば、もっと多くの資金がサッカーピラミッドの下層にも行き渡るはずだと提案している。

「みんながピラミッドのためにもっと多くのお金が必要だと話している。今年のMLBのオールスターゲームでは、2日間で2億ドル(約287億円)を稼ぎ出した。だからわれわれは、北対南のオールスタープレミアリーグでやったらどうかと考えている。そうすれば、ピラミッドが必要としているものがたやすく手に入る」

チェルシーの米国人オーナー、プレミアオールスター開催を提案(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、チェルシー(Chelsea)の新オーナーとなったトッド・ボーリー(Todd Boehly)氏が、北部クラブと南部クラブによるプレミアリーグオールスターと
クロップ監督はオールスターマッチの開催に反対なようだ。13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節アヤックス戦で2-1の勝利を収めた後、インタビューでベーリー氏の構想を聞かされると、「素晴らしいね。開催可能な日付がわかったら知らせてもらえるだろう」と反応。「アメリカの大きなスポーツでは、選手たちは4カ月の休暇があり、その間に少しでもスポーツができることを喜んでいることを彼は忘れている。サッカーとは全く違うんだ」と言葉を続け、オフが6月と7月の約2カ月しかないプレミアリーグでは開催困難なアイデアであることを指摘した。

スポンサーリンク


 さらにクロップ監督は、「みんながそれを見たいとは思わないよ」ともコメント。「マンチェスター・Uの選手、リヴァプールの選手、エヴァートンの選手が1つのチームに揃うことを想像してみてほしい。代表チームではなく、北西と北東が一緒になって、南は? アーセナル、トッテナム、ロンドン勢が揃うのは面白いね。彼は本当にそんなこと言ったの? 素晴らしいね」と語り、同じ地域を拠点とするクラブ同士の因縁が深いイングランドでは理解が得られないアイデアだと一笑に付した。

https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20220914/1689027.html
Todd Boehly suggests changes like mini-PL tournaments Why isnt there an all-star game

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<マンチェスター>
・愚かなアメリカ人はいつも通りに自分たちの文化を他の全ての人たちに押し付けようとしているよ

<ロンドン>
・時間がかからなかったな。サッカーに携わって5分しか経っていないのに、この男はサッカーを再構築しようとしている。手見上げを持ったアメリカ人に気をつけろ…

<イギリス>
・この国にとってフットボールがどんな意味を持つか、なぜ世界中のファンから愛されるのか彼は分かってない(おそらく彼はフットボールをサッカーと呼んでいるだろうな)

<ロンドン>
・俺たちはアメリカじゃない

<ベトナム>
・自国同士の対決でワールドシリーズと言っている国の出身者だから

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク


NO FOOTY NO LIFE
NoFootyNoLifeをフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました