【悲報】モナコ南野拓実さん、失敗の新戦力1位に選出…「プレミアで活躍できなかった理由がわかった」

サッカー情報
1: 名無し@サカサカ10 2022/09/14(水) 20:20:24.29 _USER9
49cc7264-s

モナコの南野拓実はリーグ・アンの今夏の新戦力の中で最悪の評価を与えられた。

今夏の移籍市場で2シーズン半を過ごしたリヴァプールから1800万ユーロとされる移籍金でモナコに加入した南野。プレシーズンでは好パフォーマンスを披露し、シーズン開幕以降の活躍が期待されていた。

しかし、南野はここまでインパクトを残すことができていない。5試合の先発出場を含む公式戦6試合でピッチに立つものの、トロワ戦で記録した1アシストをマークしたのみで、リーグ戦では直近の2試合で出番を得られていない。

ピッチに立てば批判の声が上がり、さらにベンチを温める頻度も増えつつある南野に対して、フランス『Le Quotidien du Sport』は厳しい評価を下した。

同メディアはシーズン開幕から1カ月程度が経過した中、今夏の新戦力の成功と失敗のそれぞれトップ5を選出。この中で南野は失敗のランキング1位に選ばれ、ここまでの出来を酷評された。

スポンサーリンク


「リヴァプールから1800万ユーロでやって来た日本人は、モナコの試合を活性化し、攻撃陣にムーブメントをもたらすはずだった。ここまでの10試合のうち、彼は6試合でプレーしたが、67分以上ピッチで過ごすことができていない」

「交代させられたり、途中投入されるミナミノはフィジカル面でかなり脆そうで、デュエルの激しさに苦労する。私たちにはなぜ彼がプレミアリーグで活躍できなかったかを理解することができる。彼が出場した試合は2分け3敗で1勝しかできていない」

なお、南野とともに、リールのモハメド・バヨ、ナントのムサ・シソコ、ニースのアーロン・ラムジー、パリ・サンジェルマン(PSG)のウーゴ・エキティケが失敗トップ5にランク付けされた。

一方で、成功のトップ5にはPSGのヴィティーニャ、マルセイユのアレクシス・サンチェス、ランスのロイス・オペンダ、マルセイユのヌーノ・タヴァレス、リヨンのジョアン・ルペナンが選ばれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/27324fa09319ea92d9738eb9193b5c677208f8c7


続きを読む
Source: サカサカ10【サッカーまとめ速報】

スポンサーリンク


サッカー情報
matome00000をフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました