【海外の反応】「W杯の価値が..」2026年W杯、アジア出場枠4.5→8.5に拡大が正式決定!!アジアのファンから悲喜こもごもの声!

NO FOOTY NO LIFE

アジアサッカー連盟(AFC)は1日、アジアから最大9チームが出られる26年W杯の予選方式を発表した。

米国、カナダ、メキシコと史上初の3カ国共催となる次回のW杯は、出場枠が現行の32から48へ大幅に拡大する。アジア出場枠も4・5から倍増し、1次予選は23年10月にスタートする予定。多くのアジアの国と地域にW杯初出場のチャンスが生まれることになる。

   ◇   ◇   ◇

次回26年大会で初出場から8大会連続の出場を目指す日本にとって、一番の変更点は3次予選、いわゆる最終予選に参加するチーム数の増加だ。従来は12チームが2組に分かれて争ったが、新方式は18チームが3組に分かれて戦い、各組上位2チームが本大会の出場権を得ることになる。予選突破のハードルは一気に下がり、今回のカタール大会最終予選のような緊迫感、盛り上がりは見込めなくなりそうだ。

(1)1次予選 AFCに加盟する47カ国・地域のうち、ランキング下位22チームがホームアンドアウェー方式で対戦。勝者11チームが次の2次予選に進む。

(2)2次予選 日本が含まれるランキング上位25位チームを加えた計36チームが4チームずつ9組に分かれてホームアンドアウェー方式の総当たり戦を行う。各組2位までが3次予選進出。

(3)3次予選 いわゆる最終予選。18チームが6チームずつ3組に分かれてホームアンドアウェー方式の総当たり戦を行い、各組上位2チームの計6チームが本大会の出場権を得る。

(4)アジア・プレーオフ(PO) 3次予選の各組3、4位がプレーオフに進み、残り2つの本大会出場枠と大陸間プレーオフに回る1枠を争う。

スポンサーリンク


W杯の門戸がアジアやアフリカなどに大きく開かれることで、世界最高峰の大会のレベル低下も懸念される。世界的な競技普及という大義名分に加え、そこには巨大ビジネスの側面が強い。中国やインドなどの経済力を取り込みたいFIFAの思惑も見え隠れする。

アジアではベトナムやタイなど東南アジアのチームの躍進が著しいが、出場枠が24から32に増えた98年フランス大会で日本もその恩恵を受けて初出場を果たした。「W杯の価値を下げる」という意見もあるかもしれないが、W杯初出場を目指すアジアの「新興国」にとっては、W杯が世界最高峰の舞台であることに変わりはない。

https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202208010000487.html
world cup afc asia cup

アジアサッカーファンの反応をまとめました

・(ワールドカップ出場の)可能性が広がるな

<フィリピン>
・いいね

<マレーシア>
・マレーシアサッカー連盟、しっかりしろ。ワールドカップ出場を目指して計画を立てるんだ。何か手を打ってくれ。

<フィリピン>
・これのおかげでフィリピン代表をワールドカップで見られることを願う 🤞

<中国>
・中国男子代表は果たしてワールドカップに行けるだろうか🙄

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク


NO FOOTY NO LIFE
NoFootyNoLifeをフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました