【海外の反応】「常識外れだ」南野拓実、驚愕のスタッツを残していた!二桁ゴール達成を海外のファンが絶賛!

NO FOOTY NO LIFE

出場すれば結果を残す。リバプールFW南野拓実プレミアリーグ今季初先発で貴重なゴールを奪った。

 17日のプレミアリーグ第37節サウサンプトン戦で、南野は今季初めてリーグ戦のスターティングメンバ―に名を連ねた。公式戦の出場も3月20日のFA杯準々決勝ノッティンガム戦以来、約2か月ぶりとなった。

 だが、きっちりと自身の存在価値を証明して見せる。0-1と1点のビハインドを背負って迎えた前半27分、FWディオゴ・ジョタのラストパスをPA内で受けると、右足の豪快なシュートでニアサイドを抜いて貴重な同点ゴールを奪った。

 プレミアリーグでの得点は1月16日の第22節ブレントフォード戦以来、今季3点目。FA杯で3得点、カラバオ杯で4得点を記録しており、今季公式戦のゴール数は10得点となった。

 クラブ公式ウェブサイトではマイケル・リード氏のツイッターを紹介しており、南野は101分で1ゴールを決めている計算になるようだ。これは1000分以上プレーしたプレミアリーグの選手で最少に。2位はマンチェスター・Cのリヤド・マフレズ(120分)、3位はアーセナルFWエディ・エンケティア(128分)、4位はレスターFWジェイミー・バーディ(129分)、5位はリバプールFWモハメド・サラー(130分)、6位はマンチェスター・Uのクリスティアーノ・ロナウド(133分)となっている。

スポンサーリンク


 なお、試合は後半22分にDFジョエル・マティプが決勝点を奪い、2-1の勝利を収めたリバプールが逆転優勝の可能性を残して最終節を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/53c4f1d188c462b1025f81d98e3dc58521dc5b9f
Minamino, the man who scores a goal per 101 mins

リバプールのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・今季プレミアリーグのクラブでプレーする選手の公式戦出場時間あたりの得点率(出場時間1000分以上)

 南野拓実 – 101分あたり1ゴール
 マフレズ – 120分あたり1ゴール
 エンケティア – 128分あたり1ゴール
 ヴァーディ – 129分あたり1ゴール
 サラー – 130分あたり1ゴール
 クリスティアーノ・ロナウド – 133分あたり1ゴール

<ロンドン>
・まじで?

<ポルトガル>
・彼は本当に凄いわ

・スーパーなサブだ

<イングランド>
・それに彼のゴールはどれも非常に上手く決めたものばかりだ 😊

・驚異的なスタッツだが、それでもうちは彼を移籍させる😭😂😂

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク


NO FOOTY NO LIFE
NoFootyNoLifeをフォローする
サッカーマニアクラブ
タイトルとURLをコピーしました