趣味でも手を抜かない。本番で実力を出すための方法。

スポンサーリンク

趣味のスポーツでも、勝負の世界。
やっぱり勝ちたいという気持ちが芽生えてくるでしょう。

本気でスポーツをやる気持ちがない人は、この先を読む必要がありません。

テニス、ゴルフ、マラソン、野球、サッカー、趣味でやられているスポーツが皆さんおありだと思います。

ちょっと長くやっていると大会に出たくなる人もいるでしょう。

そんな時。

「本番で実力を100%発揮したい…」
「大切なところで、緊張してしまう…」
「プレッシャーに弱い…」
「集中力がすぐに切れてしまう…」

そんな状況になってしまうでしょう。

それは、トレーニングをしっかりとしていない、またはアドバイスをくれるコーチがいないためです。

趣味でやられているスポーツに、コーチは必要ないかもしれません。

でも、試合で勝ちたい。

そんなあなたに必要なのは、ちょっとした、考え方のヒント。

それだけで、あなたは、大切な本番で実力を100%発揮することができるようになります。

「どうも、本番だと、いつも通りに動けない…」
「緊張やプレッシャーに弱い…」
「もっと、集中できるようになりたい…」

このように悩んでいるのは、あなただけではありません。

実は、特別な人間に見える、トップアスリートでも、
本番では緊張やプレッシャーに負けてしまうことが多々あります。

それはメンタルの部分をトレーニングしていないからです。

あなたは、メンタルトレーニングが何かを、分かりやすく説明できますか?

また、実際に、どのような方法で、どのような効果が得られる物か、具体的に説明できますか?

これまで、メンタルトレーニングを試してみて、何か劇的な効果を得たことはありますか?

スポンサーリンク

メンタルは、いわば心です。

心は、目に見えません。

つまり、メンタルトレーニングは、目に見えないモノを鍛えるトレーニングです。

結論から言うと、そう簡単に取り組めるものではないのです。

しかし、世の中には、メンタルトレーニングにより、緊張やプレッシャーを克服し、
本番で実力を発揮できるようになったアスリートはたくさんいます。

だからこそ、プロスポーツの世界や、オリンピックレベルのチームには、
メンタルトレーニングが、もはや、当たり前のように取り入れられるようになったのです。

「試合で自分の力を100%発揮する」高畑式メンタルトレーニング

趣味の世界のスポーツでも、勝ちたい。
勝負にこだわりたい。

私もやっているフットサル、卓球、バレーボール。
どんな試合でも勝ちたいという気持ちが常にあります。

しかし、メンタルのトレーニングをしていない。

緊張するし、プレッシャーに負けてしまうことがあります。

このメンタルトレーニング方法は、人生のあらゆる場面でも活きてくると思います。

仕事でのプレッシャーのかかる場面。
プレゼン前、営業前の緊張する場面。

メンタル、勝負する心を鍛えれば、調子が悪い時にも、心が折れなくなります。

「試合で自分の力を100%発揮する」高畑式メンタルトレーニング

趣味のスポーツでも勝負にこだわり、勝ちたい方。
人生で、プレッシャーのかかる場面、緊張する場面で、折れない心を手に入れたい方。

上記のメンタルトレーニングを、見てみてください。

心、マインドセットが変われば、人生が変わります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする